ものブログ 2016.12.19 UP!

革工房わちふぃーるどの掘り出し物グッズや、過去の仕事などをスタッフがご紹介します!
ベテランファンも知らない意外な発見があるかも!?


第7回 2016.12.19 ヨールカ

こんにちは!新人スタッフのMGです。

わちふぃーるど最大の祭りであるヨールカ。
一年でもっとも興奮に満ちているのが12月です!
ヨールカはわちふぃーるどを滅亡から救った雪の神の目覚める12月17日から太陽の誕生日である25日まで続けられます。

ただいま直営店でもヨールカパーティーの真っ最中! 皆さんもうプレゼントは用意できていますか?
期間中はお買い上げ金額に応じてプレゼントも差し上げていますので、 ぜひ、わちふぃーるどのショップまで足をお運びくださいませ!


4,320円(税込)以上のお買上げで、ロールシール(全2種類)のどちらか1つ
6,480円(税込)以上のお買上げで、トートバッグ(全2種類)のどちらか1つ
12,960円(税込)以上のお買上げで、LEDライト(全2種類)のどちらか1つ
クリックで画像を原寸表示


今回ご紹介するのは90年代初頭のヨールカのお便りです。
すべて手書きなのがすごい!
絵本を読んでいるようなわくわくと楽しい気持ちになりますね。
このお便りは、当時企画部長だったデザイナーのゆめこさんと池田先生の妹で革工房を取り仕切る通称ふーちゃんによって作られていたそうです。
クリックで画像を原寸表示

クリックで画像を原寸表示
クリックで画像を原寸表示


90年代半ばには写真付きのカタログになっていました。
当時も変わらずヨールカの時期は盛り上がっていたようですね。
クリックで画像を原寸表示

クリックで画像を原寸表示

ヨールカが終わると、もうすぐにお正月。
皆さま今年も本当にお世話になりました。
来年もどうぞわちふぃーるどをよろしくお願い致します!

第6回 2016.10.25 ハロウィン

こんにちは!新人スタッフのMGです。

そろそろハロウィンですね。
過去の商品から仮装にはぴったりのかわいい商品を見つけてしまいました。
残念ながら現在は販売はしていませんが、皆さんにご紹介します。

こちらはマーシィになれるパーカーです!

わちふぃーるどでもネコみみのついたアパレル商品は今も多いですが、 うさみみの商品は今はほとんど無いですよね。


こちらはなんと、イワンになれるパーカーです!
背びれと爪がとってもかわいい。


こちらは帽子とミトンのセット。

とってもかわいい。
このセットをつければ気分はダヤンです♪
今も、革のネコみみ(池田先生がサイン会でよく着けるもの)は販売していますが、 帽子もかわいいですね。


猫になれる商品は今も多数ありますが、マーシィやイワンになれる商品は今やお宝ですね。

この商品持ってる!という方はぜひ、ハロウィンの日にはそれらを着用の上、 ダヤンショップ、もしくは、猫屋敷プロジェクトによる渋谷スペイン坂にある 宇田川カフェとのコラボカフェに遊びに来てください(^^)


猫屋敷プロジェクト×宇田川カフェによるコラボカフェは10/31(月)までとなっております。
開催中コラボメニューをご注文頂いたお客様には、 かわいい「限定デザインのランチョンマット&コースター」をプレゼントしていますので、 皆さんぜひ足をお運び下さい♪

第5回 2016.09.23 スタジャン

こんにちは!新人スタッフのMGです。

ご無沙汰しております。すっかり涼しくなってきましたね。
わちふぃーるどはゴールデンウィークから9月にかけてイベントラッシュでした!
やっとひと休み・・・なんて言っていられません!

ダヤンケーキ、みなさんもう食べましたか……?!

池袋東急ハンズで絶賛販売中です。
前回は買い損ねたという方はお見逃しなく!
10/10までの期間限定販売ですよ。

さてさて、本題のものブログに移ります。

秋の行楽シーズンも間近ですね。
ドライブ、ツーリングと皆さんお出かけの予定を立てているのではないでしょうか?

わちふぃーるどは池田あきこ先生をはじめ、女性社員でもバイク乗りがすごく多いんです。

池田あきこ先生、社長、制作統括と女性幹部をはじめ、企画デザイナーと女性ライダーが大勢います。
皆さん小柄なのに大きいバイクやサイドカーを乗りこなしていてすごくかっこいいんですよ!

今回ご紹介するのは、ライダーの人ならきっと欲しくなるダヤンのスタジャンです!

すごくかっこいいデザイン!当時のお値段は¥71,000。
こちらは1996年に発売された商品です。
本革を贅沢に使い、背面には一面刺繍が施された高級感ある一品です。
革をたっぷり使用しているのでずっしり重めです。


こちらも袖部分に贅沢に牛革を使ったスタジャン。
こちらもバックの刺繍がかっこいい!
1998年に発売された商品です。当時のお値段¥59,000。
ボタンにもロゴとダヤンが入っているのでとってもおしゃれです。

男性でも女性でも着られるのでペアで着てたら素敵ですよね。
こちらもいつか再販して欲しい一品です。

第4回 2016.07.04 カフェ柄と夏商品

こんにちは!新人スタッフのMGです。
革工房で懐かしモノを漁っていると、とんでもないものを見つけてしまいました!


まぶしいくらいピカピカのシルバーに、ぱっくり開いた背中!
この水着を着て海やプールに行けば注目の的になること間違い無しです◎
こちらは1999年に販売された商品です。


カフェ柄が最初に登場したのが1997年。
今も人気の絵柄です。
これまでにもアパレルや傘等たくさんの商品を販売しました。


そしてカフェ柄登場と同時期にはダヤンの浴衣が販売されたそうです!
ハイビスカスがすごく流行った時がありましたね。
その当時は私は小学校低学年くらいでした。なつかしー!
浴衣や水着の夏商品もまた再販して欲しいですね。

第3回 2016.06.10 アリーダヤン

こんにちは!新人スタッフのMGです。

初期の頃多かったアーリーダヤンシリーズ。
ちょっとおデブな丸いシルエットがとってもかわいいですよね!

こちらは貯金箱。

今現在は販売はしていませんが、新宿ラビリンス店にも実物が飾ってあるのでぜひ会いに行ってみて下さい。

続いてのオーバーオールダヤンは木製ストッパー。

2005年のポイント交換景品。当時はまだ紙のメンバーカードで そのカード7枚とこちらの景品が交換できたそうです。
11年前だと今もお持ちの方も多いのではないでしょうか。


こちらのダヤンたちとっても迫力がありますね(並び方のせい?)
なんとなくレスリングの選手のように見えてきました笑

1990年頃発売の商品で、真ん中の「留守番ダヤン」は光センサー付きの為、 ライトをつければにゃー!と鳴くというすごい商品です。

両側のダヤンは重みのあるぶんちんとなっています。
そして革工房にあった実物がこれ↓

誰かが塗ろうとして失敗したのでしょうか……?
気になって池田あきこ先生に確認したところ、

池田先生「最初はみんなで手塗りしてたのよ。」
MG「ええっ!手塗りなんですか!?」
池田先生「でも・・これはへたくそな人が塗ったのね!」
MG「(先生そんなはっきりへたくそなんて笑)」

こちらも革人形同様にひとつひとつ手塗りされていると聞いてびっくりです!
こうして制作当時のお話しを聞けると、ちょっと失敗の商品にも愛着が沸いてきますね。

第2回 2016.05.18 動物キー

こんにちは!新人スタッフのMGです。

今回ご紹介するのは1996年に発売されました、
動物キーシリーズです!

じゃん! こちらがわちふぃーるどの仲間たち。

イワンなんかリアルすぎてびっくりです。立体にすると迫力ありますね。

キーホルダーになっていますが机に置くとみんなちゃんと自立出来るようになっているので、おしゃれなインテリアとしても使えそう!どれもすごく凝った造りになっています。

マーシィの躍動感ある耳や、ダヤンやジタンの毛並みは どの様に表現されているのでしょうか? そこで、今回池田あきこ先生に革人形の製造方法についてお伺いしてきました!

(1)手曲げをしやすいように3~5mmくらいの生皮(なめした後、アイロンで伸ばしたりしないシワだらけの皮)を使うので、もの干し竿に干して生乾き状態で使用。

(2)動物たちの型紙は紙で作って曲げてみる。その後、皮を手で裁断し、調整の本型を作って型抜き機で抜く。

こんな大きな機械で型を使ってガツンと抜きます!
ベテランパートさんたちは皆さん女性ですが平気でこの機械を使いこなします。

(3)毛並みなどの型を入れる。平げた形で染めをかける。
(4)おなかにポンチで穴を開け、たこ糸で配合。
(5)顔を親指を軸にして整えていく。皮の可塑性を利用する。
(6)乾燥させ、皮が固くなったら完成。

革は濡らすと変幻自在に形を変えられるそうです。だからマーシィの耳のような動きも表現できるのですね!
池田あきこ先生は革のこの可塑性に魅せられ、革工房立ち上げ当初は革人形作家としても活躍されました。1987年にはフランス、モンマルトルのドールフェスティバルにも出展されています。
また、当初からワニやオオカミが好きなモチーフだったとのこと。イワンがとってもリアルな訳がわかります。

こちらがダヤンが生まれる前にすでに制作されていた動物の革人形たち。
※池田先生のブログアトリエ日記をご参照下さい!

実際発売されたのは1996年ですが、 それよりもずっと前から革工房と共に歴史を歩んできた作品なのですね。

池田あきこ先生が革工房立ち上げてから40年。当初からのモットーでもある、面白い!楽しい!わくわくするような商品をこれからも作り続けていけるようわちふぃーるどスタッフ一同頑張って行きたいと思います!

第1回 2016.04.20 ダヤン誕生前の染モノ&財布

はじめまして!新人スタッフのMGと申します。

革工房は今年で40周年! ダヤンというキャラクターが生まれて33年!

そんな歴史あるわちふぃーるどですが過去のカタログを漁っていたところ、
新人の私にとってはびっくりするような面白い商品がたくさんたくさん出てきました!

私同様、わちふぃーるどをまだよく知らないというお客さまの為にも 過去の商品や革工房の仕事について これから少しずつご紹介していけたらなと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


まず第一発見!
みたことない商品を展示室で見つけちゃいました。
これってわちふぃーるどの商品なんでしょうか?!
革工房「わちふぃーるど」が出来たのが今から40年前の1976年。
こちらは当時のオリジナルイラスト商品「青の家」シリーズで 当時の革工房がモチーフだそうです。

まだダヤンが生まれる前の商品です。
工房をモチーフとしたこの家を囲むきらきら光る星が 何かの誕生を彷彿とさせますね!


こんなのもありました。

これもよく見ると、絵の部分がエンボスになってるんですよね。
これらの商品は革版画という技法で作られているらしいです。 革版画なんて初めて聞きました。


工房ではこんなゴム版を発見。
これに革をおしつけて、版画にしていたということです!
びっくりですよね。

こうして版を使って浮きだたせた絵にアクリル絵の具でひとつひとつ丁寧に色付けがされています。
背景は手染めになっていて、どれも驚くほど手の込んだ「作品」のような商品なんです!


この革版画という技法と現代の技術であるインクジェットプリントを ミックスさせたというのが今回の40周年記念商品である 手染めシリーズ「タシルの街角」です。
2016年4月22日発売予定!

新たに原板をおこした革版画が、現代にタイムスリップ!
なんだか懐かしい感じがするのに、今見るととっても新しい感じもしますよね。


工房で働いているので、このお財布をつくる過程をずっと見てきました。
いろんな人の技術がミックスされてできあがったこの手染めシリーズにはわちふぃーるどのすべてが入っています。
細部までとことんこだわり、革工房が心を込めて作った手染めシリーズ。
皆さまぜひぜひお手にとって御覧下さい!


TOP