Archive for the ‘未分類’ Category

木ノ花美術館の猫たち

月曜日, 3月 21st, 2022

木ノ花模様替えで河口湖へ。

美術館裏手のガーデンに新しい子猫が4匹住み着いていた。

かわいい!

暖かくなったから、ぜひ会いに来て!

がんばれ!ウクライナ

月曜日, 3月 21st, 2022

ロシアの侵攻が進む中、キエフでオーケストラの人たちが残ったウクライナ市民に

音楽を届ける。

自由を求めるウクライナの人たちの強さよ!

イギリス議会で、チャーチルの言葉になぞらえた大統領の演説もとてもよかった。

ボンちゃん ヤーイ!

月曜日, 3月 21st, 2022

9年前に自由を求めて家出した風雲児ボンちゃん。

なにしろ乱暴者で家族は生傷が絶えなかった。

2009年モエに連載した”ボンちゃん ヤーイ!”は3月16日から木ノ花美術館に展示。

見に来てね!

おばあさんの勇気に乾杯!

月曜日, 3月 21st, 2022

ロシア兵のポケットにヒマワリの種を突っ込んだウクライナのおばあさんの勇気!

あんたがもし死んだとしてもこの辺りには一面のヒマワリが咲くよってね。

すばらしいね!

平和の音色、ウクライナに届け!

 

ミロンガ

火曜日, 3月 1st, 2022

日曜日はミロンガ。
ペアダンスだから踊り描きは出来ず、踊ったり描いたり。
バンドネオンの仁詩さんとギターの庸介さん、マスクない方が男前だけど仕方ないね。
最後にトシ&アイコ先生がウクライナに帰ったマリアのために踊った。
アイコ先生泣いてたよ。

戦争反対!侵略やめろ!

火曜日, 3月 1st, 2022

ロシアのやり口ホントにひどい!

プーチンの狂気はどこまでいくのか?

コロナもイヤだけど、戦争は悲惨!

うちの猫たち

火曜日, 3月 1st, 2022

3月に木の花美術館展示替えで第五にはうちの猫を展示。

頭の良さ、好奇心、運動能力の高さで歴代随一のらんちゃん。

ダヤンのお母さんのトムのモデルでもある。

フェイスブック

火曜日, 3月 1st, 2022

投稿の基本をフェイスブックにしたけど、ブログは私の日記であって続けていきたいからこっちにも載せるね。

池田あきこです。今日は2022年2月22日!
猫の年猫の日を記念して、今日から私もここに投稿するやり方教えてもらった。
これから作品進捗状況とかじゃんじゃん載せてくねー!さっきの動画はうちの猫。
練習台ね。

 

さよなら 鎌倉”猫の島カフェ”

金曜日, 2月 11th, 2022

去年3月に始まった”猫の島カフェ”が2月16日で閉店の運びとなった。

ずっと続いたコロナ禍で仕方ないけど本当に残念!

猫の島のなまけものの木をステキに再現してくれたカフェでは

フカフカのノルウェージャンたちがのびのびと遊んでいた。

今わちで開催中の“世界ねこ会議”では猫の島に引き続いてのテーマが北欧。

木々が躍る北欧ではダヤンがノルウェージャンの家を訪ねるお話も作った。

ノルウェージャンフォレストキャットは北欧神話にも登場しているんだよ。

私が名前を付けた14匹の猫たちは由布院に帰るそう。

いつか猫たちに会いに鎌倉に行こうと思っていた方には申し訳ないけれど、

九州へ行くことがあったら”由布院の猫屋敷“を訪ねてみてね。

 

ねこ新聞

金曜日, 2月 4th, 2022

ねこ新聞って知ってる?

各界の人が猫について寄稿しているなかなか面白い新聞だ。

アンちゃんリンちゃんの猫漫画とエッセイが載っている2月号が届いた。

今年は猫の年なので、3月の木の花美術館の模様替えでは

モエや信濃毎日に連載していたうちの猫たちを展示することにした。

昨日久しぶりの猫たちの絵に出会って、あらなつかしい!

それぞれの絵を描いた時の猫たちがよみがえってくる。

4年前、ねこ新聞に載せた“猫との暮らしはダヤンから”もあった。

これは竹書房発刊の『猫はあくびで未来を描く』にも転載されている。

お薬手帳にもなっているから、見たことある人もいるかもだけど、

一部だったから全部見せちゃうね。

もういなくなったチビやボンちゃん、ランちゃん・・

くわえたばこのボッツン。

はたちの黒・・アンちゃんはこんなに小さかった。

たった4年でずいぶん違う。

なかなか継続が厳しいねこ新聞は若いスタッフへ制作を移行するにあたり、

バックナンバーを返礼品とするクラウドファンディングを始めたそう。

ご興味とご意志のある方は月刊『ねこ新聞』のホームページを見てみてね。